1. トップ
  2. データ・資料
  3. 22年卒大学生、5月1日時点の就職内定率は51.3%=就職みらい研究所調べ=

2021年5月12日

22年卒大学生、5月1日時点の就職内定率は51.3%=就職みらい研究所調べ=

リクルートの研究機関「就職みらい研究所」は11日、2022年卒業予定の大学生・大学院生2352人を対象に実施した「就職プロセス調査」の結果をまとめ発表した。


それによると、5月1日時点の大学生(大学院生除く)の就職内定率は51.3%(前年同月比+5.6ポイント)で、前月から23.2ポイント増加し、コロナ禍以前の2020年卒と同水準になった。

文理別に見ると、文系が45.7%(同+6.0ポイント)、理系が63.9%(同+4.5ポイント)とどちらも前年より高い水準になっている。

内定出しは、5月以降も継続して進むことが考えられる。前年は、緊急事態宣言以降、採用選考スケジュールが後ろ倒しになった影響があったが、今年はコロナ禍においても就職・採用活動は活況に動いている。

一方、例年と動きが違うのは、進路確定率と内定辞退率。進路確定率は33.3%(同+5.4ポイント)と前年と比べて高くなっており、内定辞退率についても36.2%(同+8.5ポイント)と前年と比べて高くなっている。

また、今年は前年、前々年と比べても2社以上の内定を取得している学生が多く、5月1日時点で内定取得者の過半数を超えている。その結果、内定辞退をしなければいけない学生が増加したと考えられる。

この調査は、2022年卒業予定の大学生と大学院生に対して、「リクナビ2022」で調査モニターを募集し、モニターに登録した学生8747人(大学生7270人・大学院生1477人)を対象に、5月1日~5月6日にかけて、インターネットで実施。集計対象は、大学生 1808人、大学院生 544人の計2352人。

関連URL

調査結果の詳細

リクルート

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス