1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 飯能市の「メッツァビレッジ」、外国人コーチと英語でプログラミングを学ぶワークショップ開催

2021年5月21日

飯能市の「メッツァビレッジ」、外国人コーチと英語でプログラミングを学ぶワークショップ開催

北欧のライフスタイルが体験できる埼玉・飯能市のメッツァビレッジでは、プログラミング学習を提供するフィンランドのEdTech企業「Code School Finland」の教材を使った「外国人コーチと初めてのプログラミング」と題するワークショップを、5月22日・23日と6月26日・27日の4日間開催する。

同ワークショップは、グローバル人材創出サービスを行うGLiNが主催。外国人コーチと英語でコミュニケーションを図りながらプログラミングの楽しさが体感でき、プログラミング初心者にピッタリな内容。

ブロックをつなげていくだけでプログラミングすることができるツール「Scratch(スクラッチ)」を使いながら、プログラミング思考(論理的思考)の基礎を体感できる。

参加者が、コーチのヒントを基に自分で考えて手を動かす、またグループで議論を実施、と主体的に参加していくプログラムの2時間のワークショップ。必要な場合は日本人スタッフがサポートしてくれるので、英語が得意でない人も安心して参加できる。

開催概要

開催日程:5月22日(土)・23日(日)、 6月26日(土)・27日(日)
開催時間:①10:30~12:30、②13:30~15:30
開催場所:クラフトビブリオテック[埼玉県飯能市宮沢327-6、メッツァビレッジ内メッツァホール横]
定員:各回先着10人限定
参加料金(税込):当日5000円、早割料金3000円(事前申込者が対象)、飯能市在住の中学生及び小中学校の教員は無料
参加特典:参加者に「ムーミンバレーパーク」の入園チケット特別割引券をプレゼント

ワークショップ紹介動画
イベント詳細

事前申込

関連URL

メッツァビレッジ

GLiN

ムーミンバレーパーク

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス