1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. GLiN、フィンランドのEdTech企業と提携「英語×AIプログラミングキャンプ」4月開始

2021年3月15日

GLiN、フィンランドのEdTech企業と提携「英語×AIプログラミングキャンプ」4月開始

GLiNは12日、9つの国と地域でプログラミング教育を展開するフィンランドのEdTech企業Code School Finlandと提携し、プログラミング初心者でも3日間で楽しく学べる「AIプログラミングキャンプ」を4月から開始すると発表した。

同プログラムは、教育大国フィンランドのEdTech企業「Code School Finland」のプログラムを用いて、英語でフィンランド式AIプログラミングを学習するサービス。授業はキャンプ施設や学校で行われ、1クラス約20人程度で1日6時間の授業を3日間行うカリキュラム。

プログラミングが初めての人でも理解しやすいプログラミング言語「SCRATCH(スクラッチ)」を使い、自ら「創る」楽しさを体験しながら、最終的には物体認識プログラムを作成してAIを体感するプログラム。授業は簡単な英語で行うため、プログラミングと同時に英語のスキルも学ぶことができる。

同サービスの開始に先立ち、3月27日と28日に、同サービスを2時間の短時間プログラムで体験できるイベントを開催する。同イベントは、Code School Finlandのトレーニングを受けた外国人コーチによる英語×プログラミング体験イベントで、埼玉県飯能市にある北欧をコンセプトとしたメッツァヴィレッジで開催する。

開催概要

開催日時:3月27日~28日
午前の部:10時30分~12時30分、
午後の部:13時30分~15時30分
開催場所:メッツァヴィレッジ スターバックス横
体験時間:各回2時間(4回開催)
募集人数:各回先着10名迄
参加費:5000円※25日までの予約で、デビュー特割早割3000円あり
対象者:12歳以上(英検3級以上が目安)でプログラミング体験するのが初めての人

申込

関連URL

GLiN

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス