1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. みんなのコード、高知県須崎市とテクノロジー教育に関する連携協定を締結

2021年6月14日

みんなのコード、高知県須崎市とテクノロジー教育に関する連携協定を締結

みんなのコードは10日、高知県須崎市とテクノロジー教育に関する連携協定を締結したことを発表した。

写真左:みんなのコード 利根川裕太 代表理事、右:高知県須崎市 楠瀬 耕作 市長、

須崎市と同法人は、同連携協定のもと「プログラミング的思考」のできる子どもの育成や、大人から子どもまでテクノロジーに気軽に触れる機会の創出を目指し、官民協働でさまざまな取り組みを推進していくという。

同法人が自治体と連携協定を締結するのは、今回の須崎市が3例目。須崎市は、高知県のほぼ中央に位置する、太平洋に面する人口2万人程の自治体。同市は、多くの地方都市と同様に人材の流出、子育て世代の流出など、地域社会の構造変化による課題を多く抱えている。これらと向き合い、持続可能な地域社会を構築するためには、新たな視点と柔軟な発想で持続的に取り組むことができる人材育成が必要不可欠だと考え、保育から高校まで一貫した教育の拡充に力を入れていく方針だという。

特に、テクノロジー教育と英語は、これからの未来を生き抜く子どもたちに必要不可欠な教養と位置付け、機会の提供を行っていく予定。その一環として、今回、須崎市とみんなのコードは、テクノロジー教育の拡充による人材育成と魅力的な自治体づくりを目指し、官民協働で推進していくことに。

同連携協定の目指す姿は、「プログラミング的思考」のできる人材(子ども)の育成、ICT機器・プログラミングを活用できる人材・仕事の創出、大人から子どもまでテクノロジーに気軽に触れる機会の創出。

2021年度の取り組みは、市内の小中学校の全教員を対象とした研修会・模擬授業の実施、指定校教員を対象としたテクノロジー教育・プログラミング教育に関する授業運営支援。

関連URL

須崎市

みんなのコード

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 狭山市実践事例 詳しくはこちら
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 集中力を見える化 質の高い授業へ オンライン授業 e-ラーニング カメラ AI MIRAXIA
  • GIGAスクール端末のお困りごとを解決!!! 24時間365日受付 何かあれば電話一本で! Warranty technology
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス