1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 日本福祉協議機構、名古屋市の特別支援学校でプログラミング講座を開催

2021年7月16日

日本福祉協議機構、名古屋市の特別支援学校でプログラミング講座を開催

日本福祉協議機構e-sports協会(edges)ならびに名古屋市立天白養護学校とマウスコンピューターは、特別支援学校に向けたICT就労につなげる支援の一環として、プログラミング教材「マインクラフト」を使ったプログラミング講座と、就学時から就労にいたるまでのさまざまな支援方法や教育方法を学ぶための「学校・福祉・企業の支援者向けのメンター養成講座」を、7月21日~8月26日までの期間中に計6日間実施する。

マインクラフトを活用する最大の利点は、プログラミング環境を簡単に整えられること。一般的なプログラミングの環境構築のように複雑な手順が必要ないため、パソコンが苦手な人でも気軽に取り組める。

プログラミング講座の前半では、マインクラフトへの理解を深めるため、参加生徒全員に建築物制作の課題授業を行う。講座の後半では、ビジュアルプログラミングScratchをマインクラフトと連動させ、自動建築プログラミングを学ぶ。生徒がBotへ指示を与えることで、指示を受けたBotが与えられた条件に沿って動作する原理を体験する。

また、メンター養成講座では、愛知県労働局や特別支援学校教員、福祉事務所、e-sports事業者、地元企業担当者が登壇し、高校生たちのキャリア支援や特性理解、今後求められる指導のあり方について講演する。

こうした取り組みが今後はeラーニングでも活用できるよう、同機構では対面とオンラインによるハイブリッド研修を予定しており、当日撮影された講座の様子をメンター育成の環境構築へと役立てていく。

なお、今回の取り組みに際し、マウスコンピューターからゲーミングPC計10台が提供される。

関連URL

名古屋市立天白養護学校

日本福祉協議機構e-sports協会(edges)

マウスコンピューター

日本福祉協議機構

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス