1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 文京学院大学、ゼミ学生が川崎市教委の子ども向けワークショップで講師を担当

2021年7月19日

文京学院大学、ゼミ学生が川崎市教委の子ども向けワークショップで講師を担当

文京学院大学は16日、同大のゼミ学生が、7月27日から開催される川崎市教育委員会主催の子ども向けワークショップ「自由や権利について考えてみよう」で講師を担当すると発表した。

講師を務めるのは、同大外国語学部・甲斐田万智子教授(専門分野:国際協力・子どもの人権・開発教育・国際理解教育)のゼミに所属する学生で、「世界の子どもについて知ろう」と題する講座を、30日に、川崎市教育文化会館で実施する。

同ワークショップは、同市教委が、夏休みを楽しく過ごせるように、同市内の小学生を対象に開催するもの。

その中で、平和・人権・男女平等推進学習1「自由や権利について考えてみよう」と題する連続講座を、27日~30日、8月5日の全5回実施。参加する小学生に、「不自由」や「自由」、世界の子どもたちについて体験を通じて学び合い、最後にそれを表現する機会を与える。

同大の学生は、30日の回に講師として参加し、「世界の子どもについて知ろう」というテーマでワークショップを実施。「子どもたちに、自分たちが持つ権利を理解してもらい、世界の子どもたちの現状についても関心を持つきっかけになるようなワークショップにしていきたいと考えている」という。

開催概要

開催日程:7月27日(火)~30日(金)、8月5日(木)
文京学院大学生の講師日時:7月30日(金)10:00~12:00
開催会場:川崎市教育文化会館4階 第1・2学習室[川崎市川崎区富士見2丁目1-3]
対象:同ワークショップに関心のある小学3~6年生

関連URL

文京学院大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス