1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 文京学院大学、ゴミ箱難民救済アプリ「ゴミる」を学内で試験的活用

2022年9月12日

文京学院大学、ゴミ箱難民救済アプリ「ゴミる」を学内で試験的活用

文京学院大学は8日、人間学部心理学科が、ゴミ箱難民救済アプリ「ゴミる」を開発し、ふじみ野キャンパス内で利用を開始したことを発表した。


アプリでは、ゴミの分別方法と大学内のゴミ箱情報を検索することができ、どこに捨てたらよいかの日常の悩みを解決する。

学生が通うふじみ野市のゴミの分別方法と、同大学キャンパス内のゴミ箱の場所や種類を調べ、日常で出るゴミとのマッチングを図る設計をノーコードで行い開発した。

同アプリは、人間学部心理学科 永久ひさ子教授の「社会的課題を心理学とアプリで解決」研究の第一弾発表アプリ。同アプリの利用拡大を推進しながら第二弾研究では、地域と連携、日常生活で感じる社会課題や問題に対して意識を変える心理学を用い、誰もが簡単に使用できるアプリの開発をしていく予定だという。

関連URL

文京学院大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス