1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. paiza、ITエンジニア向けプログラミングゲーム「電脳言語のオルダーソンループ」を無料公開

2021年7月30日

paiza、ITエンジニア向けプログラミングゲーム「電脳言語のオルダーソンループ」を無料公開

paizaは、MAGES.が提供する大人気ゲーム「STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)」とコラボしたプログラミングゲーム「電脳言語のオルダーソンループ」を28日から一般向けに無料公開した。

同ゲームは、プログラミング問題を解いて物語を進めるアドベンチャーゲーム。今回の問題はITエンジニア経験者(中・上級者)向けで、アルゴリズムの構築などさまざまなプログラミングミッションを用意。Java、Python、PHP、Rubyなど24種類の開発言語に対応しており、好きな言語を使って挑戦できるという。

また、プログラミング初心者でも挑戦できるよう、動画プログラミング学習サービス「paizaラーニング」でPython、Java、Ruby、C、C++、C#、PHP、JavaScriptの主要8言語でのアルゴリズム解説コンテンツも同時公開。

paizaの最大の特徴は、「paizaスキルチェック」によってユーザーのプログラミングスキルをS・A・B・C・D・Eの6段階で評価し、各ユーザーに適した転職、就職、学習サービスを提供する点。これまでは国内にITエンジニアのスキルを客観的に評価する仕組みがなく、企業と求職者の間でミスマッチが起こりがちだった。paizaはそうした課題を解決し、ITエンジニアのスキル/経験を可視化する成長プラットフォーム。「paizaスキルチェック」の総受験回数は、すでに1200万回(2021年7月現在)以上にのぼる。

同ゲームは、「paizaスキルチェック」の中・上級者向け問題を活用したコンテンツ。ITエンジニアでもコンピューターサイエンスの基礎である「アルゴリズム」を理解していない人は意外と多く、楽しみながらアルゴリズムの考え方に触れられるゲーム形式のコンテンツを開発。同作がITエンジニアやエンジニアを目指す人のスキルアップのきっかけになればという。

また、同ゲームのリリースを記念してプレゼントが当たるダブルキャンペーン開催。
1つ目は、期間中にゲーム内の「Tweet」ボタンからハッシュタグ「#paizaシュタゲ」を付けてツイートするだけ。抽選で1人に1万円分、50人に500円分のAmazonギフト券をプレゼント。2つ目は、期間内にすべてのゲーム内ミッションをクリアすると、オリジナルマイクロファイバークロスを抽選で50人にプレゼント。実施期間は、7月28日~8月25日。

関連URL

電脳言語のオルダーソンループ

paizaラーニング

paiza

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス