1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. レノボ、学校向けプログラミング教材「みんなでプログラミング」の有償版を発表

2021年7月30日

レノボ、学校向けプログラミング教材「みんなでプログラミング」の有償版を発表

レノボ・ジャパンは29日、学校向けプログラミング教材「みんなでプログラミング」の有償版を発表した。

「みんなでプログラミング」は、同社が東京書籍等と共同開発した小学生向けプログラミング教材で、これまで無償版を提供してきた。同社は「児童生徒1人1台端末」の実現に向けたGIGAスクール構想をサポートするため、これまで200万台以上のデバイスを小中学校に納入している。これら同社の学校向け端末にNTTコミュニケーションズの小中学生の学習向けパソコンとクラウド型教育プラットフォーム「まなびポケット」のコンテンツとして同コンテンツを広く搭載。楽しみながらプログラミングが学べるツールとして授業にも広く活用されている。同社は今回、同コンテンツを拡充して中学生、高校生の学習カリキュラムにも対応する有償版をリリースした。

同コンテンツは、オリジナル教材と教師用機能を備えたバーチャルスクール、プログラミング関連情報を掲載した専用Webサイト、基本知識を掲載したハンドブック(PDF)から構成されている。提供開始時点での有償版の主なコンテンツは、中学校でプログラミングが必修化されている技術・家庭 技術分野のコンテンツを追加。学習指導要領にある「ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツのプログラミングによる問題解決」が学べる教材となっている。また、高等学校の情報Iに必要とされる情報活用能力を育成するコンテンツも提供。どちらも中学校・高等学校の授業に利用できる内容となっている。

有償版は、9月27日から学校法人向けに販売を開始。1年、3年、5年のパッケージからの提供予定。また、11月下旬以降には、個人向け月額ライセンスの提供も開始する。

関連URL

みんなでプログラミング

レノボ・ジャパン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス