1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. NTT Com、「まなびポケット」の申し込みID数が100万を突破

2020年12月15日

NTT Com、「まなびポケット」の申し込みID数が100万を突破

NTTコミュニケーションズは14日、同社が提供するクラウド型教育プラットフォーム「まなびポケット」の申し込みID数が100万IDを突破したと発表した。

「まなびポケット」は、同社が提供するクラウド型教育プラットフォーム。ブラウザでどこからでもアクセスできるクラウド上で、提携するさまざまなサービス(授業支援・協働学習支援ツール、個別学習支援教材、英語やプログラミングの学習教材など)を提供する。長らく同社が取組んできた教育現場におけるICT導入・利活用のノウハウを基に、2017年からサービス提供を開始、2020年1月時点で21万IDの申込みがあった。

新型コロナウイルス感染拡大防止を受けて、全国の自治体で休校措置が実施された2020年。同社では休校中の児童生徒や教職員を支援する「学びをとめない」施策として、「まなびポケット」および提携コンテンツを無償で提供するなどICTを活用した学習継続に貢献してきた。

また同時に、文部科学省のGIGAスクール構想により「児童生徒1人1台コンピュータ」の環境整備が大きく進む中で、同社は小中学生の学習向けパソコンと「まなびポケット」、端末管理ツールをパッケージ化した「GIGAスクールパック」を提供し、急速に拡大する教育ICT環境の整備ニーズにも対応している。

この様な背景の中、「まなびポケット」は2020年12月時点で330以上の自治体、2,700以上の学校が申し込み、100万IDを突破した。「まなびポケット」を基盤としてさらなる学習効果の向上を目指し、児童生徒に個別最適化された学びの提供、教育現場の授業支援、蓄積した学習データの利活用などを実現していくという。

関連URL

NTTコミュニケーションズ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス