1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AVILENなど5社、「DS検定リテラシーレベル」用のテキストを共同開発

2021年8月2日

AVILENなど5社、「DS検定リテラシーレベル」用のテキストを共同開発

AVILEN(アヴィレン)、ディジタルグロースアカデミア、日本電気 (NEC)、日立アカデミー、Rejouiなど「データサイエンス教育」関連5社は、データサイエンティスト協会が9月から開始する「データサイエンティスト検定リテラシーレベル」(DS検定)の受験対策用テキストを共同開発する、と7月30日に発表した。

同5社はAVILENのほか、ディジタルグロースアカデミア、日本電気(NEC)、日立アカデミー、Rejoui(リジョウイ)の4社で、同テキストは8月下旬に開発を完了させ、同5社それぞれが順次開催する「DS検定策講座」で活用する予定。

9月に始まる「DS検定」は、データサイエンティストに必要なスキルや知識を測る試験で、今回5社が共同開発するテキストは、同検定試験の範囲であるアシスタント・データサイエンティストレベル相当と、数理・データサイエンス・AI(リテラシーレベル)のモデルカリキュラムとを統合した範囲に対応。

同5社は、データサイエンティスト協会員で、今後は開発したテキストを活用して5社それぞれが検定対策講座やセミナーなどを展開。「データサイエンティスト検定リテラシーレベル」の資格を有する人材の育成に貢献していく考え。

9月から開催する「データサイエンティスト検定リテラシーレベル」は、アシスタント・データサイエンティストレベルと、数理・データサイエンス教育強化拠点コンソーシアムが公開している数理・データサイエンス・AI(リテラシーレベル)でのモデルカリキュラムとを総合し、実務能力と知識を有することを証明する試験。

関連URL

ディジタルグロースアカデミア

NEC

日立アカデミー

Rejoui

AVILEN

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス