1. トップ
  2. 学校・団体
  3. JDLA、「2021年第2回G検定」7450人が受験し4582人が合格

2021年8月5日

JDLA、「2021年第2回G検定」7450人が受験し4582人が合格

日本ディープラーニング協会(JDLA)は3日、2021年第2回G検定を7月17日に実施。7450人が受験し、4582人の合格者が誕生したことを発表した。

第2回G検定の合格率は61.5%という結果になり、G検定の累計受験者数は6万887人、合格者数は4万143人に。

また、今回2021年第2回G検定の傾向として、企業等の団体受験の増加が見られたという。受験申込者総数における団体受験申込者数の割合は、前回までの平均値が12%であるのに対し、今回26%まで上昇。社会的なDXへの動きを受けて、G検定の企業等における人材育成制度や人事評価制度等への組み込みの動き等が進んでいることが影響しているという。

G検定シラバス範囲は、「日本のデジタル人材育成を加速する」ことを目指すデジタルリテラシー協議会においても、これからのすべてのビジネスパーソンが持っておくべき共通デジタルリテラシー「Di-Lite」領域範囲の中に位置づけられ、受験推奨されている。次回、2021年 第3回 G検定は、11月6日(土)を予定している。

2021年 第2回 G検定概要
受験資格:制限なし
試験概要:120分、小問191問、オンライン実施(自宅受験)
受験料:一般 1万3千200円(税込)、学生 5500円(税込)
試験日:7月17日13時から120分
出題範囲:シラバスから出題 ※今回から4月15日に発表した改訂シラバスが適用。
シラバス 

関連URL

日本ディープラーニング協会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス