1. トップ
  2. 学校・団体
  3. JDLA、「2022年第3回G検定」結果と「2023年第1回」の開催概要を公開

2022年11月22日

JDLA、「2022年第3回G検定」結果と「2023年第1回」の開催概要を公開

日本ディープラーニング協会(JDLA)は21日、11月4日と5日に開催した「2022年第3回G検定」(ジェネラリスト検定)の開催結果と、次回「2023年第1回G検定」の開催概要を公開した。

それによると、「2022年第3回G検定」の受験者数は7502人で、そのうち合格者は4964人、合格率は66.17%という結果だった。これにより、G検定の累計受験者数は8万8946人、累計合格者数は5万7991人になった。

また、次回「2023年第1回G検定」は、2023年3月3日と4日に開催予定で、前回に引き続き、2日間の開催。受験申込は、12月1日13:00から受付を開始する。

G検定は、デジタルリテラシー協議会が定義する、これからのすべてのビジネスパーソンが持っておくべき共通デジタルリテラシー「Di-Lite」の習得のための推奨試験にも設定されている。

「2023年第1回G検定」概要

試験日:(2日程からいずれかを選択)
①2023年3月3日(金)16:00開始
②2023年3月4日(土)13:00開始
実施方法:オンライン(自宅受験)
受験申込:12月1日(木)13:00からG検定公式ページで案内
受験申込期間:12月1日(木)13:00~2023年2月22日(水)23:59
受験資格:制限なし
試験概要:120分、小問191問(前回実績)
出題範囲:シラバス から出題
受験料(税込):一般1万3200円、学生5500円

詳細 (G検定公式ページ)

関連URL

日本ディープラーニング協会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス