1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. プロキッズ、「未来の農業ロボット アイディアコンテスト」の作品募集を開始

2021年9月9日

プロキッズ、「未来の農業ロボット アイディアコンテスト」の作品募集を開始

プロキッズは8日、兵庫県姫路市と共に実施する「未来の農業ロボット アイディアコンテスト2021」の作品を、10月31日まで募集すると発表した。

同コンテストは、日本全国に住む小学生~中学生までが参加でき、農業分野が抱える課題を解決するためのアイディアを農業ロボットとして発表するイベント。

アイディアコンテストなので、実際にロボットを作る必要はない。子どもたちが思い描く「農業ロボットの絵」と「特徴」を記載すれば、小学1年~中学校3年生の誰でも応募できる。受賞作品には賞品をプレゼント。

また、高校生・大学生などが対象の、農業用ロボット「ファームボット」を活用した新しい農業ビジネスのアイディアコンテスト「第1回アグリテック甲子園」の会場での展示も予定している。

姫路市は、内閣府の地方創生推進交付金事業「スマート市民農園×STEAM教育による地域に根付くアグリテックの担い手育成事業」を開始。ICTを活用した農業で新たなアプローチを生み出せる人材を輩出することを目標に、今回のコンテストを実施する。

募集概要

募集期間:9月8日(水)~10月31日(日)
対象者:日本全国に住む小学生または中学生
募集内容:農業の課題を解決するアイディアとして「農業ロボット」のイラストや特徴を送付(送信ファイルはイラストを写真にした画像ファイルまたPowerPointで作成したもの)
審査ポイント:①アイディアのオリジナリティ、②課題の具体性と解決策の妥当性、③プレゼンテーション力
結果発表:11月24日(水)予定
表彰:
・最優秀賞(1点)Rasberry Pi 4(4GB)、ハーブティーセット
・優秀賞(2点)ハーブティーセット

詳細・申込

関連URL

兵庫県姫路市

「アグリテック甲子園」

プロキッズ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス