1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. レアジョブ、外国語教育支援事業「ボーダーリンク社」の株式49%を取得

2021年9月22日

レアジョブ、外国語教育支援事業「ボーダーリンク社」の株式49%を取得

レアジョブは21日、ウィルグループの連結子会社で外国語教育支援事業を展開する「ボーダーリンク社」の発行済株式の49%を、10月1日付けで取得すると発表した。


また、ウィルグループが引き続き保有する残り51%の株式についても、2023年4月1日以降に行使可能なコールオプションが付与されており、両社の事業シナジーを創出し、ボーダーリンクの企業価値向上を実現できた場合には、レアジョブはコールオプションを行使して追加取得し、ボーダーリンクを連結子会社化することを想定している。

レアジョブは、今回のボーダーリンクとの連携で、従来のオンライン英会話サービスで発話量を担保し個別最適な学習方法を提案することに加え、ALT(Assistant Language Teacher)によるオフラインの学習機会も合わせて提供することで、モチベーション喚起を含めた効果的な英語学習を提案する。

一方、ボーダーリンクは、関東・中部・関西圏の学校に対しALTの人材派遣と、英会話スクール(東京都のみ)を運営。一定の市場規模が確立されたALT人材派遣市場で過去3年で売上高を1.6倍に伸ばすなど、数多く事業者が存在するALT人材派遣業界で上位のシェアをもっている。

レアジョブグループが文教事業で新たな改革を進めるにあたり、ボーダーリンクがそのパートナーとして実力を兼ね備えた優れた企業であることから、今回の出資に至った。

【両社の事業シナジーについて】
・ALT人材の教室派遣とオンライン英会話サービスをパッケージ化することで、他社と差別化したサービスを提供
・レアジョブの文教事業子会社の顧客基盤を活用した取引の拡大
・レアジョブのフィリピン人講師をALT人材の候補プールとすることで、人材確保が課題となっているALT人材の供給を安定化
・ALT人材の空き時間に「レアジョブ英会話」講師として稼働させることでの就業機会の増加・多様なバックグラウンドの講師からのレッスン提供を通じた、学習体験の向上

関連URL

ボーダーリンク

レアジョブ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス