1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. NTTPC×埼玉・久喜市、「バイタル情報を学びに生かす」実証実験を開始

2021年11月2日

NTTPC×埼玉・久喜市、「バイタル情報を学びに生かす」実証実験を開始

NTTPCコミュニケーションズ(NTTPC)は1日、埼玉県久喜市教育委員会と共同で、同社の安全・健康管理システム「みまもりがじゅ丸」のバイタル情報を活用して、学び場における「個別最適な学び」の実現に向けた日本初の実証実験を行うと発表した。

同市教委では、教師の「経験による見取り」だけでなく、客観的なデータを活用することで、子どもたちの「学びの質」を高め、「学びに向かう力」を効果的に育むことで、「個別最適な学び」を実現するための検証を始めることを決定。

そこで、「みまもりがじゅ丸」のバイタル情報から得られる客観的なデータを、今回の実証実験で活用していくことにした。

同実験で、同市教委は、研究校の選定、分析されたバイタル情報と、授業風景を時系列に分析。またNTTPCは、バイタル情報を計測する仕組みを「みまもりがじゅ丸」で提供するほか、匿名化されたバイタル情報を専門家の協力で分析する。

実証実験の概要
実施期間:11月中旬~2022年3月末まで(予定)
研究校:埼玉県久喜市立鷲宮中学校
実施内容:
①データの収集
・「みまもりがじゅ丸」を活用して、授業中の子どもたちのバイタル情報を取得
・久喜市教育委員会が授業風景を動画撮影
②データの分析と展開
・計測したバイタル情報から子どもたちの集中度合いなどを客観的に取得し、撮影した動画情報と合わせ、時系列比較などで分析を行う
・得られた分析結果から、子ども達にどのような支援が必要だったのか教師にフィードバックし、個々の生徒に応じた適切な対応を今後の学習へ生かすなどの展開を行う

関連URL

埼玉県久喜市

NTTPC

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス