1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. エムティーアイ、母子手帳アプリ『母子モ』が宮城県東松島市で提供を開始

2021年11月4日

エムティーアイ、母子手帳アプリ『母子モ』が宮城県東松島市で提供を開始

エムティーアイの子会社である母子モは1日、同社が運営する母子手帳アプリ『母子モ』が宮城県東松島市にて本導入され、『すくすくアプリ ひがマーチ』として提供を開始したと発表した。

同市はICTを活用した新たな子育て支援策として、母子健康手帳の記録から地域の情報までをスマートフォンやタブレット端末にて簡単にサポートでき、420以上の自治体で導入されている『母子モ』を採用した。

同市では、妊娠中や出産後の家事や育児が困難な家庭へのヘルパー派遣による育児負担の軽減や、子育てに関する知識を学ぶことができ、親同士や親子の交流を図る「すこやか学級」・各種相談会を実施するなど、子育て世帯の負担を心身両面からサポートしている。また、離乳食づくりや親子で食について学べる「東松島食べる学校」を発刊するとともに、市の公式キャラクターを使ったYouTube「イートくんチャンネル」で動画配信を行うなど、子育て世帯への情報発信を強化している。

子育て環境についても、夜8時まで延長保育が可能な民間保育園の誘致や、放課後児童クラブをすべての小学校の敷地内や隣接地に設置し、預かり時間を夜7時までにするなど、充実を図っている。さらに、18歳までの子どもの医療費を無償化にするなど子育て世帯の経済的負担の軽減を図り、安心して子育てできる体制を整えている。今回、市の取組みを子育て世代にもっと便利に活用してもらうために、子育て情報発信の新たなツールとして『母子モ』が採用された。

同市が採用したアプリは、スマートフォン・タブレット端末・PCに対応したサービスで、妊産婦と子どもの健康データの記録・管理や予防接種のスケジュール管理、出産・育児に関するアドバイスの提供、離れた地域に住む祖父母など家族との共有機能や、市が配信する地域の情報を知らせるなど、育児や仕事に忙しい母親や父親を助ける便利な機能が充実している。育児日記として使用できる「できたよ記念日」は、厚生労働省の母子健康手帳様式例などを元に作成し、母子健康手帳の「保護者の記録」を含む発達段階や子育てにかかわる記念日を写真やメッセージと共に記録できるだけでなく、子どもの成長・発達の目安としての役割も備えている。また、新型コロナウイルス感染症の影響により社会的に環境変化があるなかでも、アプリを通じて自治体からの注意情報や保健師からのアドバイスといった大切な情報をテキストや動画で必要な人に即時に届けることができるなど、非常時においても安心して出産・子育てができる環境づくりをサポートする。

関連URL

宮城県東松島市

エムティーアイ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス