1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. sfcs、1人100時間の日本語教育が義務教育につながる「1人100時間プロジェクト」12日ライブ開催

2021年11月11日

sfcs、1人100時間の日本語教育が義務教育につながる「1人100時間プロジェクト」12日ライブ開催

外国⼈の⼦供たちの就学を⽀援する会(sfcs)は、「1⼈100時間の⽇本語教育で社会から疎外される⼦どもをゼロにする」プロジェクトについて、オンラインライブを11月12日20時から開催する。

クラウドファンディングサービス「READYFOR」で、10⽉20⽇から寄付募集中の ~1人100時間の日本語教育が義務教育につながる~ 社会から疎外される子どもをゼロにする「1人100時間プロジェクト」は、多くの人に賛同・支援を受け、開始20日目で開始目標金額150万円の約80%を達成。(支援募集は11月19日午後11時まで)そこで、同会の取り組み「1人100時間プロジェクト」についてより広く知ってもうためく、12日にオンラインライブを開催する。

開催概要

開催日時:11月12日(金)20時~
内容:「1人100時間プロジェクト」の概要について READYFORのお礼、進捗の報告

オンラインライブURL

クラウドファンディングの詳細

関連URL

外国人の子供たちの就学を支援する会(sfcs)

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス