1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. READYFOR×北海道大学、「犬の血管肉腫の研究資金集め」で業務提携

2022年11月1日

READYFOR×北海道大学、「犬の血管肉腫の研究資金集め」で業務提携

READYFORと北海道大学は、業務提携を締結し、提携第1号としてクラウドファンディングプロジェクト「犬の血管肉腫を治療可能にするために、基礎研究を加速させる」を公開し、200万円を目標に11月1日9:00から寄付金募集を開始した。

クラウドファンディングサービス「READYFOR」はこれまで、大学のプロジェクトを350件公開し、総額17億円の支援金を集めている。また、業務提携を結んだ大学は今回の北海道大で49校目で、旧帝大学7校中6校の提携が実現。

同大では、2019年に「シャチに出会える海、知床羅臼。その謎を解く海中のヒントを探れ」プロジェクトや、高田教授の「致死率最大90%にもおよぶエボラ出血熱の治療薬開発の1歩へ」プロジェクトなど4件を「READYFOR」で公開し、全件、目標金額を大きく上回る金額を達成している。

今回のプロジェクトの「血管肉腫」は、犬に頻発する悪性度の高いがんの1つ。有効な治療法が未だなく、治療法開発のための基礎研究もほとんど進んでいない状況で、医学の世界でも研究は進んでいない。

そこで同大では、血管肉腫を治療可能にするために、基礎研究を大幅に加速させる大胆かつ挑戦的な実験を行うための研究資金を得るために、今回、クラウドファンディングを実施することにした。

【プロジェクトの概要】
公開期間:11月1日(火)9:00〜12月23日(金)23:00
目標金額:200万円
形式:寄付金控除型/All or Nothing(All or Nothing形式は、期間内に集まった寄付総額が目標金額に到達した場合にのみ、実行者が寄付金を受け取れる仕組み)
資金使途:研究費
実行者:青島圭佑教授 (北海道大学 大学院獣医学研究院 比較病理学教室)

詳細

関連URL

「第1号プロジェクト」

「READYFOR」

北海道大学

READYFOR

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス