1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 筑波技術大×READYFOR、聴覚・視覚障がい学生支援のクラウドファンディング

2020年6月12日

筑波技術大×READYFOR、聴覚・視覚障がい学生支援のクラウドファンディング

READYFORは11日、昨年3月から業務提携している筑波技術大学と3件目のクラウドファンディングプロジェクト「筑波技術大学緊急支援基金:障害学生へコロナで必要なサポートを」を公開し、寄附金募集を開始した。

同社は、クラウドファンディングサービスを活用して、大学の寄附金獲得をサポートする「READYFOR College」を2017年1月から開始。これまでに22大学と提携・59大学がクラウドファンディングを実施している。

今回、筑波技術大をはじめ多くの大学から、新型コロナウイルスの影響で大学生が苦境に立たされており、大学としてもそれを救うためにクラウドファンディングを活用したいという声が寄せられ、「ALL-IN形式」の採用や手数料一部割引など特別なサポートを実施することにした。

今回のクラウドファンディングは、国内で唯一の聴覚障がい者、視覚障がい者のための高等教育機関である同大に全国各地から集まっている、聴覚障がい学生・視覚障がい学生・盲ろう学生が対象。

遠隔授業を実施するための高度な情報保障を伴う様々な設備環境の整備や、学生寄宿舎での生活維持のため、大学の基金全体としての予算(1000万円)のうち、500万円をクラウドファンディングで募る。

目標金額の達成の有無に関わらず、集まった寄附金を受け取ることができる形式で、同プロジェクトへの寄附は税制優遇の対象になる。

クラウドファンディングの概要

公開期間:6月11日(木)~7月31日(金)23:00
目標金額:500万円
形式:寄附型/ALL-IN形式
詳細

関連URL

READYFOR

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス