1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 東北大×READYFOR、「夏目漱石デジタルアーカイブ」などプロジェクト公開

2019年11月6日

東北大×READYFOR、「夏目漱石デジタルアーカイブ」などプロジェクト公開

READYFORは5日、東北大学と業務提携を開始し、クラウドファンディングプログラム「東北大学×READYFOR」を立ち上げたことを明らかにした。

国立大学を取り巻く環境が日々変わっていくなか、国からの運営交付金や競争的資金に加えて、さまざまな形での支援獲得が重要になってきており、その有力な手段として、クラウドファンディングを活用して各研究室の活動や大学の設備投資などに対する寄付金などを獲得する方法が考えられている。

今回立ち上げた「東北大学×READYFOR」では、第1弾として2つのプロジェクトを開始する。

1つは「漱石の肉筆を後世へ!漱石文庫デジタルアーカイブプロジェクト」。東北大学附属図書館では、夏目漱石の自筆資料および旧蔵書からなる「漱石文庫」のコレクションを所蔵しているが、多くは酸性紙で、書き込みも鉛筆書きで字の薄いものも多く、閲覧・公開、さらには保存が難しくなってきている。この「漱石文庫」を後世に残すため、最新技術によるデジタルアーカイブ化を目指す。公開期間は11月5日~12月26日23:00。目標金額は200万円。

もう1つは「東北大学病院オリジナル『野菜を食べる副菜レシピ』を広めたい!」。東北大学病院栄養管理室では、2013年から2018年にわたり、野菜摂取のハードルを下げ無理なく栄養バランスがとれるオリジナルレシピを考案し、東北大学病院広報誌に連載してきた。今回、そのレシピを一冊の本にまとめ支援者に届けることで、野菜の栄養を手軽に摂取して健康的な毎日を送り、疾病予防や健康寿命の延長にも貢献することを目指している。公開期間は11月5日~12月26日23:00。目標金額は300万円。

関連URL

「漱石の肉筆を後世へ!漱石文庫デジタルアーカイブプロジェクト」

「東北大学病院オリジナル『野菜を食べる副菜レシピ』を広めたい!」 

Connected Ink 2019 「デジタル」なインクと文具で、教育を考える 参加費無料 11.27 wed ANAインターコンチネンタルホテル東京 詳細および登録はこちら wacom
世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi ICTパイロット校 都立三鷹中等教育学校講演「個別最適化学習の取り組みと成果」 11.21 WEB開催
映像の撮影・編集・配信が3万円から!! Z-KAI
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • わせがく高等学校 すらら×通信制
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス