1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. LINE、上越教育大など3者と情報モラル教育における指導者養成などで協定を締結

2019年11月6日

LINE、上越教育大など3者と情報モラル教育における指導者養成などで協定を締結

LINEは5日、上越教育大学、ワークスモバイルジャパン、ジェーミックスと、情報モラル教育における指導者養成およびICT活用などの発展的研究に関する協定を締結したことを発表した。


協定により、教員を志望する学生が体系的に情報モラル教育を学べる15コマの指導者養成授業プログラムの開発・検証を行う。具体的には、上越教育大学と共同して、LINEがこれまでに培った情報モラル教育の教授法や教材・研究データ、インターネットビジネスにおける青少年の安全利用対策に必要なノウハウや法・セキュリティの知識など、幅広く実践的なスキル・知識を獲得するための体系的な授業プログラムの開発を目指す。

また、上越教育大学附属小中学校での次世代型情報モラル教育の研究を実施する。LINEの情報教育教材「SNSノート」を使って、ICT活用を取り入れた実践的な情報モラル授業開発などを行っていく。具体的には、ワークスモバイルジャパンが提供するコミュニケーションツール「LINE WORKS」をタブレット内で使用し、情報モラル授業時の児童・生徒間でのコミュニケーション演習や情報共有を行ったり、学習支援ツールでのSNSノートの教材活用方法を研究したりする。授業実践やICT活用方法に関しては、新潟県を中心に学校教育サポート事業の実績が豊富なジェーミックスが、ICT支援員を派遣してサポートやコンサルティングを充実させていく。加えて、附属学校の強みを活かし、附属中学校の生徒が附属小学校の児童に情報モラルを教えるといった、主体的・対話的で深い学びにつながる新たな学び方に関しても研究を進めていく。

さらに、ビジネス現場でのイントラネットとして実績のある「LINE WORKS」をジェーミックスの支援のもと、上越教育大学や附属小中学校の教職員間で活用し、校務効率化の効果検証を行っていく。

共同研究の実施期間は11月5日から来年3月31日までの予定。

関連URL

情報教育教材「SNS」ノート

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想に対応した MDM VMware Workspace ONE
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス