1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. さつき、電子黒板「MIRAI TOUCH」と「LINE WORKS」で実証実験を開始

2022年4月27日

さつき、電子黒板「MIRAI TOUCH」と「LINE WORKS」で実証実験を開始

さつきは27日、ワークスモバイルジャパンが提供する「LINE WORKS」を電子黒板「MIRAI TOUCH」で活用することで、教育現場における情報共有の促進を目的とした実証実験を開始すると発表した。

GIGA スクール構想で多くのタブレット端末が導入・運用されている一方、教室内でデータを大画面で共有する大型提示装置の需要も拡大しており、現状学校内の情報共有・伝達・緊急連絡などはタブレット端末や個々の端末で利用される場合も多く、デバイスに依存せず高い次元でデータの共有・配信・閲覧できる仕組みが求められていた。

今回、コミュニケーションアプリ「LINE」の便利さや親しみやすさをそのまま引き継ぎ、高いセキュリティと情報・共有・管理が可能なワークスモバイルジャパンのコミュニケーションツール「LINE WORKS」と連携することで、学校現場での情報共有の課題解決に向けた実証実験を開始する。

従来の ICT 機器間でのコミュニケーションは、専用サーバーやソフトウエアの購入が必要だった。「LINE WORKS」はクラウドサービスとして提供されている。所有するアカウントでログインすることで、スマホ・タブレット・PC・電子黒板など教育現場に導入されている、様々なデバイス上でスムーズなコミュニケーションやファイル共有を実現することが可能。また、複数の料金プランが用意されており、無料版で利用開始できる点も導入の後押しとなっている。

2022 年 3 月、文部科学省より「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」の改正版が公開され、これまで以上に強固なセキュリティが学校現場で求められている。「LINE WORKS」では学校や自治体単位で管理者・ユーザーを分離することで、高いセキュリティ環境を実現。管理者はメンバー招待の承認や外部の『LINE』との連携、ログイン失敗時のアカウント一時停止など広い設定権限を持っており、組織から外れたユーザーからのデータ漏洩も防止できるなど組織のセキュリティ要求に応じた設定を可能にしている。

関連URL

さつき 教育ソリューション事業部

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス