1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. さつき、電子黒板「MIRAI TOUCH」と「meet in」の連携で教育現場のデジタル化促進

2022年7月1日

さつき、電子黒板「MIRAI TOUCH」と「meet in」の連携で教育現場のデジタル化促進

さつきは1日、オンラインコミュニケーションツールの開発・提供を行うmeet in
と商品供給における提携を開始したと発表した。

GIGA スクール構想によって、タブレット端末の普及・運用が進み教育現場のデジタル化が加速する中で、学校間・外部とオンライン上でコミュニケーションをとる機会は増え
つつあり、接続先の様子を大画面に提示・操作ができる大型提示装置と、デバイスに依存せず使用がでるオンラインコミュニケーションツールの整備が求められている。

簡単に外部接続が可能な「meet in」と電子黒板「MIRAI TOUCH」を高い次元で組み合せることで、子どもたちが主体的に外部と意見交換をする機会を増やし、教室と社会を繋ぐ媒介として価値ができるよう今回の提携にいたったという。

「meet in」は面倒なソフトウェアのインストールや、ログインなど一切必要が無く、任意の文字列で接続 URL を発行することができ簡単に外部接続が行えるオンラインコミュニケーションツール。ブラウザで接続が可能なため、GIGA スクール構想で配布されたタブレット端末でも利用できる。

meet inは自然災害や感染症といった脅威におびやかされることなく、教育環境を維持できる仕組みづくりの支援として、オンラインコミュニケーションツール「meet in」を、教育機関・障がい者施設へ 2025 年 3 月 31 日まで無償提供を行っている。

■想定している連携後の活用方法
・学校間、外部講師と電子黒板上でオンライン接続し遠隔授業の実施
(タブレットの OS/利用会議ツールの異なる環境でも有効)
・子どもたちの様子を大画面で確認しながら授業の実施
・「meet in」のホワイトボード機能への書き込みを、マウスではなくタッチ操作で実施
(板書データのダウンロードも可能)
・高出力スピーカーの搭載により、特別教室や体育館での授業実施

「MIRAI TOUCH」は使う人(健常者、障がい者、老若男女、IT が苦手な方)を限定せず、誰にとっても使いやすいと感じてもらえるような「インクルーシブ電子黒板」をコンセプトに据えた製品。「書く」「消す」「映す」を簡単に操作できるため、ICT 機器に苦手意識を持った教師でも直感的に利用できる。

関連URL

meet in

さつき 教育ソリューション事業部

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス