1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Kaspersky、学生対象「国際サイバーセキュリティコンテスト」オンライン開催

2022年11月1日

Kaspersky、学生対象「国際サイバーセキュリティコンテスト」オンライン開催

Kaspersky(カスペルスキー)は、ゲーム形式の対サイバー攻撃演習「Kaspersky Interactive Protection Simulation」(KIPS)を使用した国際的なサイバーセキュリティコンテスト「KIPS Student Championship 2022」を、11月17日からオンラインで開始する。

同コンテストは、サイバーセキュリティに興味を持つ大学生や高専生が対象で、全て英語で開催。参加者は、企業や組織の業績や収益を考慮しながらサイバー攻撃への効果的な対処と実践方法を学ぶことができる。

参加チームは「KIPS」の3つの異なるシナリオで、自身の知識とスキルを試すユニークな機会が得られる。シナリオごとに様々な状況下でサイバーインシデントに遭遇し、それに対応しつつ決められた期間内での生産性を競う。

昨年度はアルジェリア、ブラジル、エチオピア、フィンランド、フランス、ドイツ、ヨルダン、ケニア、マレーシア、ナイジェリア、ロシア、シンガポール、スペイン、英国など14カ国から55のチームが参加し、マレーシアのマラッカ技術大学チームが優勝した。

「KIPS」は、ゲーミフィケーション理論に基づいて開発された、ゲーム形式の対サイバー演習。高い没入感で短い時間で高い学習効果が得られるように設計されており、サイバー攻撃を受けている企業や組織の運用上のリスクや、投資に見合った有効な対策が学べる。

参加者はグループに分かれ、条件や指示が書かれた複数枚のカードと決められた予算、作業時間を有効に使い、発生するインシデントに対応しつつ5週間という仮想期間内での生産高を競う。

開催概要

参加登録締切:11月10日(木)
コンテスト:(いずれも日本時間20:00~22:00の予定)
・「ファーストステージ」11月17日(木)
・「セカンドステージ」11月24日(木)
・「決勝戦」12月1日(木)
開催方法:オンライン
対象:1つの大学や高専を代表する学生チーム(4~6人、年齢制限なし)
参考:大会はすべて英語で開催
賞:
・「1位」ギフトカード(500米ドル分)と「Kaspersky Academy」のKaspersky Online Cybersecurity Training Platformのトレーニング1ライセンス
・「2位」ギフトカード(300米ドル分)
・「3位」ギフトカード(200米ドル分)

詳細・申込

関連URL

「KIPS」

Kaspersky

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス