1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Kaspersky、ソフトのセキュリティ評価を学べる英語版プログラムを無償提供

2020年5月30日

Kaspersky、ソフトのセキュリティ評価を学べる英語版プログラムを無償提供

カスペルスキーは29日、ソフトウェア製品のセキュリティを評価するための概要を学べる「Cyber Capacity Building Program」の英語版プログラムを無償で提供すると発表した。

同社の透明性への取り組みである「Global Transparency Initiative」の一環として、2020年第3四半期に政府機関と学術機関向けに、その後、企業向けにも提供を開始する。

プログラムでは、ソフトウェアのセキュリティを評価するための方法、脅威モデリング、ソースコードのレビュー方法、脆弱性を管理する方法などを概説する。受講にはソフトウェア開発のライフサイクル、プログラミング、情報セキュリティの基礎知識が必要となる。

これにより、ITインフラやネットワークに統合されているサードパーティ製ソフトウェア利用時のセキュリティと完全性の確保、およびサイバーセキュリティのリスクの特定と対処、影響の軽減が可能となる。

また、パートナーが同社製品のソースコード、ソフトウェア更新、脅威検知ルールなどをレビューできる施設「Transparency Center」が提供するサービスの一部が、リモートからアクセスできるようになった。

関連URL

「Cyber Capacity Building Program」の詳細(英語)

「Transparency Center」(英語)

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス