1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スピークバディ、英会話力の成長を可視化できる「Can-do機能」ベータ版の提供開始

2021年12月7日

スピークバディ、英会話力の成長を可視化できる「Can-do機能」ベータ版の提供開始

スピークバディは6日、同社のスピーキング特化型AI英会話アプリ「スピークバディ」で、ユーザーが学習を通してできるようになったことを記録でき、自身の英会話力を正しく把握し成長につなげられる「Can-do機能」ベータ版の提供を開始した。

同機能は現在、約半数のユーザーが使用しており、正式提供は来年1月の予定。

Can-doとは、「学習言語(英語)を使って何ができるか?」を書き表したもので、難易度に応じてレベル付けされており、「学習の目的を理解する」「自分の成長を段階的に記録できる」「学習の達成感が味わえる」「目標を立てることで学習が継続する」という役割を果たす。

同機能では、日々の学習によって「英語を使って何ができるようになったか?」(Can-do)を記録していき、ユーザーの英会話力向上をサポート。

学習量に応じて、英会話力を表すスフィア(球体)がレベルアップしていき、視覚的に自分の成長を感じることができる。

スピークバディでは、多くの教育機関で採用されている「CEFR-J」という英語能力の到達度指標をもとに、スピーキング能力を学習単語数や理解できる文法といった「知っていること」ではなく、実際のコミュニケーションの場面におけるCan-doに基づき1〜10のレベルで定義し、各レベルのCan-doをもとにコンテンツを作成している。

各レッスンにひとつのCan-doを設定しており、学習の目的を理解しながら進めることができる。カリキュラムに日々取り組むことでできることが増えていき、段階的に会話力をつけることができる。

スピークバディは音声認識、会話AI、デジタル音声等の技術を活用した英会話レッスンを行うことができるストレスフリーなAI英会話アプリで、2021年10月現在、累計140万ダウンロードを突破。

従来の人との対話ではなく、感情豊かなAIキャラクターと対話をしながら発音やフレーズ、単語、イディオムなどを学ぶことが出来る新しい英会話学習サービス。

関連URL

AI英会話「スピークバディ」

スピークバディ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 先生方にもテレワークを! 狭山市導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス