1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Vonage Japan、データミックスが「Vonage Video API」を導入しオンライン受験システムを開発

2022年1月11日

Vonage Japan、データミックスが「Vonage Video API」を導入しオンライン受験システムを開発

Vonage Japan(ボネージ)は7日、同社のコミュニケーションプラットフォーム「Vonage Video API」が、データサイエンス領域に関する教育事業などを手掛けるデータミックスに導入されたと発表した。

データミックスは、Vonage Video APIを、本人確認と試験監督機能付きのオンライン受験システム「Excert(エクサート)」の開発に採用。「ビデオ通話」機能の実装を短期間、低コストで実現し、市場での競争優位性を確保しているという。

Vonageコミュニケーションプラットフォーム(VCP)APIで、開発者はインテリジェントで直感的なカスタマーエンゲージメントの仕組みを、既存のアプリケーション、システム、ワークフローにダイレクトに拡張・構築して、あらゆるチャネルやデバイスでのコミュニケーションを実現できるようになる。

Video APIを受験システム「Excert」に組み込むことで、試験監督は従来のオンライン受験ツールでは困難だった受験者の本人確認や、リモートでの監督が行えるようになった。

Vonageコミュニケーションプラットフォームは、100万人以上の開発者が登録。アジア太平洋地区および世界中の先進企業に対して、プログラマブルな音声、ビデオ、メッセージング、メールサービスの包括的なスイートを提供している。

パートナーを通じて、各地域の多くの著名な変革プロジェクトの中心として機能しており、スタートアップ企業のデファクトスタンダードになっている。

プログラムが可能で、ビデオ、音声、チャット、メッセージング、認証の各機能を既存の製品、ワークフロー、システムと連携させることができる。

また、ユニファイドコミュニケーションおよびコンタクトセンターアプリケーションは、Vonageプラットフォームで構築されており、オフィスなど場所を問わず、企業のコミュニケーション方法や運用方法を変革し、優れた柔軟性とビジネス継続性を提供している。

関連URL

データミックス

「Excert」

Vonage Japan

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 先生方にもテレワークを! 狭山市導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ITreview 教育業界(EdTech)製品限定 レビュー投稿キャンペーン レビュー1件の掲載につき1,000円分、最大5,000円分のAmazonギフト券プレゼント!! 2/25(金)まで

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • RICHO 戸田市 STEAM教育実践オンラインセミナー 2022年2月21日 ご登録はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス