1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 阪急阪神HD、春休みの小学生に「オンライン体験学習プログラム」を提供

2022年2月9日

阪急阪神HD、春休みの小学生に「オンライン体験学習プログラム」を提供

阪急阪神ホールディングスといきいきライフ阪急阪神は、春休み期間中の小学生に学びの場を提供するオンラインイベント「ゆめ・まち×スタジモ こども学びウィーク2022」を、3月28日~4月3日にかけて開催する。


このイベントは、お客参加型の取組み「阪急阪神 ゆめ・まちソーシャルラボ」の一環として行うもので、阪急阪神のグループ会社や沿線の市民団体、いきいきライフ阪急阪神が運営する沿線コミュニティベース「スタジモにしのみや」での活動団体などと協働して、オンラインを活用した全14種類の体験学習プログラムを展開する。

具体的には、阪急電鉄の車両工場の見学やタンポポについて学ぶプログラムのほか、今回は新たに、プロの演奏家にメロディーの作り方やリズムの組み立て方を学びながら曲を作るプログラムや、「点字」の仕組みや読み方を学ぶプログラムなどを実施する。

さらに、阪急交通社の添乗員の案内で世界の言葉や食べ物などを学ぶプログラムと、子ども向けSDGsコンテンツ「ゆめ・まちSDGsドリル」でSDGsについて楽しく学ぶプログラムでは、それぞれ250人の参加者を募集。多くの子どもが自宅から参加できるようにする。

開催概要

実施期間:3月28日(月)~4月3日(日)(プログラムごとに実施日が異なる)
プログラム:14種類
募集期間:2月8日(火)~3月10日(木)まで
募集対象:小学生(ただし保護者の同席が必要)
募集人数:計685人(応募多数の場合は抽選)
参加費:無料(通信料は各自で負担)
問合せ:こども学びウィーク事務局(TEL:0798-78-2753、平日・土日祝10:00~17:00)
詳細

参加応募 

関連URL

「阪急阪神ゆめ・まちソーシャルラボ」

「スタジモにしのみや」

阪急阪神ホールディングス

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス