1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 阪急阪神、「ゆめ・まちSDGsドリル」の映像コンテンツをホームページで公開

2020年10月20日

阪急阪神、「ゆめ・まちSDGsドリル」の映像コンテンツをホームページで公開

阪急阪神ホールディングスグループは19日、SDGsを学べるコンテンツ「ゆめ・まちSDGsドリル」の映像コンテンツを制作し、同社ホームページで公開した。

同社グループでは、社会貢献活動「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト」の一環として、今年4月から、子どもたちを対象に、SDGsを学べるコンテンツ「ゆめ・まちSDGsドリル」をホームページで公開。今回、その学びを促進するため、新たに映像コンテンツを制作し公開した。

この映像は現在、阪急電鉄と阪神電気鉄道で運行している「SDGsトレイン 未来のゆめ・まち号」の車内で掲出しているポスターをもとに編集したもので、子どもたちが効果的に理解を深められるよう、SDGsについて解説している。

「ゆめ・まち SDGsドリル」は、SDGsの内容について、初級編・中級編・応用編と3段階に分けて学ぶドリル。

クイズやお絵かき、阪急電車や阪神電車のオリジナルヘッドマークを作ることができるARフォトフレームなどの楽しい仕掛けが多数あり、SDGsを身近なものとして学べる。同ドリルをダウンロードするには、同社ホームページからの申込みが必要。

また、今回公開した映像コンテンツは、「ゆめ・まちSDGsドリル」の内容に沿って、SDGsを解説している。子どもたちがイメージしづらい社会課題についても、身近な事例などを映像で紹介することで、理解がより深まるように工夫されている。

関連URL

「阪急阪神」

阪急阪神ホールディングス

2か月間の「すらら」学習時間を競うイベント! 2020.12.1-2021.1.31 すららCUP -ひとりじゃ見えない景色を見にいこう- すららカップエントリー受付中
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ これがICT教材のトータルパッケージ 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス