1. トップ
  2. データ・資料
  3. ソフトスキルトレーニング市場、2022~2031年に12.7%のCAGRで成長見込み=SDKI調べ=

2022年2月9日

ソフトスキルトレーニング市場、2022~2031年に12.7%のCAGRで成長見込み=SDKI調べ=

SDKIは8日、「ソフトスキルトレーニング市場:予測2022~2031年」と題する新調査レポートを発刊した。


それによると、同市場は、2022年に240.1億米ドルの市場価値から、2031年までに608.9億米ドルに達すると推定され、2022~2031年の予測期間中に12.7%のCAGRで成長すると予想されている。

ソフトスキルとは、人とコミュニケーションスキル、性格特性、態度、キャリアの好み、社会的および感情的知性の組み合わせを指す。

個人は、これらのスキルを強化するために専門的なトレーニングを行い、個人的およびビジネス上の目標を達成するために専門的な環境をナビゲートする。

トレーニングは、オフラインとWebベースのプラットフォームを通じて提供され、顧客サービスの向上、従業員の定着、売上と仕事の満足度の向上、および個人の全体的な生産性の向上に役立つ。

発展途上国でのスキルギャップの拡大、および企業によるソフトスキルトレーニングプログラムへの焦点と投資の増加は、予測期間中に同市場の成長を推進する主要な要因。

また、専門家にとってのソフトスキルの複数の利点、およびオンライントレーニングプラットフォームへの可用性と投資の増加も、同市場の成長に貢献している。

さらに、費用対効果の高いeラーニングトレーニングモジュールの出現の増加は、同市場の成長を加速する重要な要因。IoTの採用の増加と人口の増加は、予測期間中に同市場の新しい機会を創出する。

しかし、ソフトスキルトレーニングの重要性に関する認識の欠如は、同市場の成長を抑制する可能性がある。

同市場は、配信モード別(通常/オフラインおよびオンライン)、ソフトスキルタイプ別(管理とリーダーシップ、管理と秘書、コミュニケーションと生産性、自己啓発、チームワーク)、チャネルプロバイダー別(企業/企業、学術/教育、政府)、最終用途産業別(銀行、金融サービス・保険(BFSI)、エネルギー・電力、製造、ホスピタリティ、IT・テレコム、小売、ヘルスケア・製薬、メディア・エンターテインメント、およびその他)、および地域別に分割される。

これらのセグメントは、様々な要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されている。

今回のレポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカなどに分割し、世界のすべての地域をカバーしている。

北米地域は、予測期間中に同市場を支配する。これは、デジタル使用の増加、最新のアプリケーションのリリース、およびこの地域の企業や教育機関での高速学習プログラムの認識に起因している。

一方、アジア太平洋地域の同市場は、予測期間中にかなりの速度で成長すると予想される。これは、機関の台頭と企業部門におけるソフトスキルの重要性に関する認識の高まりによるもの。

関連URL

調査レポートの詳細

SDKI

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス