1. トップ
  2. データ・資料
  3. SDKI、スマートラーニング市場「2022~2031年の成長予測レポート」を発表

2022年1月12日

SDKI、スマートラーニング市場「2022~2031年の成長予測レポート」を発表

SDKIは10日、「スマートラーニング市場:予測2022~2031年」と題する新調査レポートを発刊した。


同レポートは、同市場の成長見通しの完全な評価のほか、2022~2031年の予測期間中の同市場の規模と年間成長率を予測している。

それによると、同市場は、2022年に30,824.7百万米ドルの市場価値から、2031年までに125,634.8百万米ドルに達すると推定され、2022~2031年の予測期間中に19.2%のCAGRで成長すると予想されている。

世界の同市場は、学習プラットフォームでの高度なテクノロジーの受け入れの増加と、教育機関による高レベルな学習ツールの採用増加で大きく推進。米アリゾナ州立大学(ASU)では、約6万5000人の学生が12の教育コースで革新的な学習テクノロジーツールを採用。

さらに、便利でスムーズな費用効果の高い教育手順、および教室での高度なテクノロジーツールの採用増加で生徒は能力を理解でき、これも予測期間中に世界的な同市場の成長を推進すると推定されている。

また、投資の増加でトレーニング価格を下げるためにほとんどの教育企業が高度な学習手順を受け入れるようになることで、同市場の成長が促進されると予想される。

ただし、高度な学習プラットフォームに関連する高予算が、予測期間中に同市場の成長を抑制する可能性もある。

同レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバー。北米地域は、2018年に世界の同市場規模を支配しており、予測期間中も成長を続けると予想されている。

スマートラーニングツールの採用の急速な成長、および北米地域での重要な市場プレーヤーの存在は、この地域の同市場の成長を推進する主要な要因。また、北米地域でのモバイル学習アプリケーションの増加は、同市場の成長を後押しすると予想される。

一方、アジア太平洋地域の同市場は20.4%のCAGRを目撃しており、予測期間中にかなりの収益を生み出すと予測されている。

関連URL

調査レポートの詳細

SDKI

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務支援システムの二要素認証ログイン 長野県教育委員会 導入事例 シンプルでわかりやすい! 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス