1. トップ
  2. データ・資料
  3. SDKI、デジタル教育出版市場の2022~2031年の予測レポートを発表

2022年1月6日

SDKI、デジタル教育出版市場の2022~2031年の予測レポートを発表

SDKI Inc.は5日、デジタル教育出版市場の2022~2031年の動向などを予測した新レポー
トを発刊した。


それによると、同市場は、2022年に11,499.8百万米ドルの市場価値から、2031年までに40,381.2百万米ドルに達すると推定され、2022~2031年の予測期間中に17.0%のCAGRで成長すると予想されている。

高度な技術の採用の増加と、教育用の新製品やソリューションの継続的な開発などの要因が、予測期間中に同市場の成長に大きな影響を与える。

また、スマホデバイスの世界的な急速な浸透も、同市場の成長を推進する主な要因の1つ。消費者の読書に対する嗜好は、従来の印刷フォーマットからスマホのようなデバイス互換フォーマットへと徐々に移行していく。

これにより、多くの主要な教育コンテンツ発行者は、携帯電話やタブレットなどのインターネット対応のスマホデバイスを介してアクセスできるさまざまなデジタルコンテンツを配信。これらの要因は、2022~2031年の予測期間中に同市場の成長にも貢献する。

しかし、Mozilla Firefox、Google Chrome、Apache HTTPサーバーなどのオープンソース資料の可用性と、大規模なオープンオンラインコースの出現で、予測期間中に同市場の成長が抑制される可能性もある。

また、コロナウイルスのパンデミックは、同市場の成長にプラスの影響を及ぼした。新型コロナの影響で、大多数の国は完全なシャットダウンに続き、eラーニングが増加。その結果、デジタル教育出版の利用が増加している。

世界中の教育機関は、eラーニングとともに電子書籍やデジタルパブリッシングの使用を促進。その結果、同市場は、コロナウイルスのパンデミックの広範な成長で、予測期間中にプラスの影響を目撃すると予想される。

同市場の地域概要をみると、北米地域が最大の収益貢献者で、2019年には2,945.4百万ドルを占めており、予測期間中に16.6%のCAGRに達すると推定されている。

オンラインコミュニケーションの増加、および北米全体での在宅勤務の増加で、デジタルパブリッシングを選択する需要が高まっており、予測期間中にこの地域の同市場の成長を推進している。

関連URL

調査レポートの詳細

SDKI

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス