1. トップ
  2. データ・資料
  3. SDKI、世界の「デジタル教育出版市場に関する調査」結果を公開

2023年1月12日

SDKI、世界の「デジタル教育出版市場に関する調査」結果を公開

SDKI Inc.は11日、世界のあらゆる規模の533の市場プレーヤー(企業)を対象に実施した、「デジタル教育出版市場に関する調査」の結果をまとめ公開した。


それによると、世界のデジタル教育出版市場規模とシェアは、2030年までに300億米ドルの収益を蓄積すると予想され、今後も17.2%という健全なCAGRで成長することが予想される。

同市場の成長の主な理由としては、①スマホの急速な普及、②教育部門におけるデジタル技術を支援する政府のイニシアチブ、③広範なインターネット接続が挙げられている。


同市場の主要な分類は、製品タイプとエンドユーザーで、これはさらに「製品タイプ別」(デジタル教科書・デジタル評価書)、「エンドユーザー別」(K-12・高等教育・企業またはスキルベース)に分類。

また、デジタル教科書のサブセグメントは、2030年までに17%という驚くべきCAGRで急速に成長すると予想されている。デジタル教科書はコストが安く更新も簡単で、その有用性はこのサブセグメントの成長に役立つと期待されている。


エンドユーザーセグメントでは、市場のK-12サブカテゴリが最高の市場シェアを持ち、2030年までに17%のCAGRで成長すると予想。従来の黒板によるアプローチから現代のテクノロジーへの学校や教育プラットフォームの移行が進んでおり、予測期間におけるK-12サブカテゴリの顕著な成長ドライバーになると予想される。


同市場のドメインで最大のシェアを占める地域に関しては、北米地域が有利な機会を提供することが期待されている。北米地域の市場は、2020~2030年の期間に18.2%のCAGR で急速に成長すると予測。デジタルパブリッシングの採用の増加に伴い、オンラインコミュニケーションが増加しており、同市場の顕著な成長ドライバーになると予想される。

また、同市場の最新の動向をみると、著名な企業は、市場で圧倒的な地位を獲得するために、買収・合併・コラボレーションなどの様々なビジネス戦略を策定。たとえば、2020年に、主要な教育プラットフォーム「Top Hat」は、カナダを拠点とする出版社「Nelson」が発行する約400の教育教科書タイトルを取得すると発表した。

この合併は、コースでインタラクティブな要素を提供するために、印刷物のみのタイトルをデジタル教科書に変換することを目的としていた.

この調査は、世界のあらゆる規模の市場プレーヤー(企業)を対象に、2022年12月23日~29日にかけて、実地調査とインターネット調査の両方で実施した。有効回答数は 533社(実地調査320社、インターネット調査213社)。

関連URL

調査結果の詳細

SDKI Inc.

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス