1. トップ
  2. データ・資料
  3. 学習障がい治療市場、2022~2031年に6%のCAGRで成長見込み =SDKI調べ=

2022年2月10日

学習障がい治療市場、2022~2031年に6%のCAGRで成長見込み =SDKI調べ=

SDKIは9日、「学習障がい治療市場:世界予測2022~2031年」と題する新たな調査レポートを発刊した。

それによると、同市場は、2022年に39.3億米ドルの市場価値から、2031年までに62.6億米ドルに達すると推定され、2022~2031年の予測期間中に6%のCAGRで成長すると予想されている。

学習障がいは、複雑な情報や新しい情報を理解する能力の大幅な低下、新しいスキルの習得の困難さ、および独立して対処する能力の低下として定義でき、そのような障がいの治療法はないが、早期診断は問題を軽減するのに役立つといわれている。

学習障がいは様々で失読症、書字障がい、運動障がい、聴覚および視覚処理障がい、注意欠陥多動性障がい(ADHD)などに分類される。

同市場の成長は、学習障がいの有病率の上昇、特別なニーズを持つ学生の登録の増加、および学習障がいを持つ人々のケアの強化に政府が注力していることに起因する可能性がある。

また、意識を高めるための努力、および学習障がいを持つ人々の学習プロセスを支援するための様々な支援技術ツールの利用可能性につながる技術の進歩も、同市場の成長に貢献。

英国教育省によると、特殊教育を受けている生徒のニーズの主なタイプは中程度の学習障がいで、毎年入学する生徒の24%以上を占めている。生徒の間でスピーチ、言語、およびコミュニケーションのニーズは22%以上を占める。

また同市場は、「疾患の種類別」(聴覚処理障がい〈APD〉、書字障がい、算数障がい、失読症、言語処理障がいなど)、「治療別」(支援技術ツール〈パーソナルリスニングデバイス、音場システムなど〉)、「手書きトレーニングツール」(ポータブルワードプロセッサ、校正ソフトウェアなど)、「療法」(作業療法、音声療法など)、「エンドユーザー別」(在宅医療、専門センター、その他)、および「地域別」に分割される。

これらのセグメントは、様々な要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されている。

さらに、今回のレポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカなどに分割されており、世界のすべての地域をカバーしている。

北米地域は、2018年に世界の同市場を支配しており、この傾向は今回の予測期間中も続くことが予想される。

全国健康インタビュー調査によると、発達障がいと診断された3~17歳までの子どもの数は、2014年の5.7%から2016年には7%以上に増加。さらに、米国教育省によると、2017年には280万人以上の学生が特定の学習障がいのある教育を受けており、特殊教育サービスを受けている子どもの47%以上を占めている。

これは、この地域の同市場の成長を推進しており、一方で、アジア太平洋地域の同市場も、今回の予測期間中に高いCAGRで拡大することが予想されている。

関連URL

調査レポートの詳細

SDKI

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス