1. トップ
  2. 学校・団体
  3. IIBC、「TOEIC Program DATA & ANALYSIS 2022」を発表

2022年8月9日

IIBC、「TOEIC Program DATA & ANALYSIS 2022」を発表

TOEIC Programを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)は8日、前年度の受験者数や平均スコアをまとめた「TOEIC Program DATA & ANALYSIS 2022」を発表した。

各テスト受験者の業種・職種・所属学校・専攻別の平均点など、詳細なデータを掲載している。それによると、2021年度のTOEIC L&R平均スコアは、公開テスト(個人が直接申込をして同協会の管理下で実施する受験制度)では611点、IPテスト(企業・大学などの団体が所属の社員・学生を対象に随時実施する受験制度)では498点だった。

また、2021年度のTOEIC S&W平均スコアは、公開テストではスピーキングが127.8点、ライティングが144.8点、IPテストではスピーキングが103.0点、ライティングが126.1点だった。

関連URL

調査の詳細(PDF)

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス