1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アテイン、法人向けの日本語能力試験対策オンライン模擬試験サービスを開始

2022年2月24日

アテイン、法人向けの日本語能力試験対策オンライン模擬試験サービスを開始

アテインは21日、日本語能力試験(JLPT)の合格を目指す人向けのオンライン模擬試験サービスを、学習管理システム(LMS)に対応した法人向けサービスとして新たに開始すると発表した。

アテインでは、日本語学習の外国人に向けたオンライン日本語教材を作成。現在、日本語教材は11カ国語に翻訳され、世界165カ国、延べ15万人が利用している。日本語学習者がより本番形式に慣れ、スムーズに日本語能力試験を受験できるように、2021年9月から「JLPT練習テスト」サービスを提供開始した。同サービスは日本語能力試験を目指す学習者を対象に、本番形式の日本語能力試験の模擬問題にオンラインで取り組むことができる教材。

日本語能力試験は日本で仕事をしながら受験する人も多く、法人・団体に所属する外国人社員向けにJLPT練習テストを導入したいとの要望が増えたことから、今回、法人向けサービスとしてリリースする。

教材の問題は、全てアテインのオリジナル。少なくとも5回分の模擬試験が利用可能で、さらに毎月新しい問題が追加される予定。日本語能力試験(JLPT)N5からN1の全てのレベルに対応している。JLPTのオンラインテストでは、正解の数や、所要時間が回答後すぐ分かり、テストには苦手を潰すことに最適な小テストも付いている。もちろん、問題は何度も解くことが可能。自分の苦手が明示されるため、独学の人にも安心だという。

また、教材には、外国人社員の学習状況を把握ができる学習管理システム(LMS)をつけることが可能。日本語学習での躓きや苦手な分野の確認ができ、評価やフォローがしやすくなる。

関連URL

法人向けJLPTオンライン模擬試験サービス

アテイン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス