1. トップ
  2. 学校・団体
  3. N/S高、VR活用した「バーチャル修学旅行」を実施

2022年2月28日

N/S高、VR活用した「バーチャル修学旅行」を実施

N高等学校、S高等学校は、バーチャル技術を活用した修学旅行プログラムを2月24日から3月10日まで実施する。

VR アプリ「Wander」を使ったバーチャル修学旅行のイメージ

VRヘッドセット「Meta Quest 2」とVRアプリケーションの「Wander」を活用し、生徒と教職員が一緒に世界中の名所をめぐる。

Wanderは、Googleストリートビューが提供する世界中の都市や自然の360度写真を利用して、地球上をバーチャル空間で再現しているアプリケーション。Meta Quest 2を活用することで、自分があたかもその場所にいるような感覚が得られる。

コロナ禍で特に海外に出かけるのが難しいが、生徒は自宅にいながら、さまざまな国の文化遺産や遺跡、施設などを仲間と一緒に巡ることができる。

テーマごとに用意された3つのコースから選択でき(各回90分)、「旅のしおり」も用意、旅行前に見どころをチェックしておくこともできる。

Aコースは、「名作マンガと名所をめぐる ー古代から現代への視点でー」。作品の舞台となった場所や施設を巡り、歴史や地理についても学ぶ。

Bコースは、「なんでこんなにデカく作った?巨大文化遺跡探検」。モアイ像やナスカの地上絵、ピラミッドなどの世界遺産を通じて、それぞれの歴史や文化に触れる。

Cコースは、「世界の歴史は宗教の歴史でもある! キリスト教、イスラム教、仏教の誕生地とキリスト、ムハンマド、釈迦の生誕祭ツアー」。それぞれの宗教にまつわる土地を巡り、各地の風土にも触れながら、宗教が生まれた背景を探る。

N/S高ではVR技術を活用して、バーチャル空間内での授業や、英会話トレーニングを行う。入学式やネット運動会、生徒のプレゼンテーションイベント「NED」、VRゲームを活用した生徒同士の交流会など、学校行事でもVR技術を活用している。

N高等学校、S高等学校はインターネットと通信制高校の制度を活用した”ネットの高校”で、
生徒数は両校合わせて2万1409名(2021年12月時点)。ネットコース、通学コース、オンライン通学コース、通学プログラミングコースの4つのコースから選択できる。

関連URL

N高等学校、S高等学校

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス