1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ワンダーラボ、「中学入試算数 良問大賞2022」を発表

2022年2月18日

ワンダーラボ、「中学入試算数 良問大賞2022」を発表

ワンダーラボは、同社が独自に選ぶ「中学入試算数 良問大賞2022」を、2月16日付で発表した。

それによると、「良問大賞2022」のグランプリは、女子学院中の問題。目新しい問題ではないものの、突飛でもなく、難しすぎることもなく、分量的にも配慮されており、シンプルな「誠実な難問」の代表例として、グランプリに選出された。

今回の問題は、素数、素因数分解への正しい理解を背景に、与えられた条件が当てはまる状況を試行錯誤で導き、その結果と問題の前提条件を統合して、解像度高く把握することが求められる、シンプルながら素晴らしい問題だという。

また、「日常賞」は、駒場東邦中学校の問題。日常的なテーマの1つであるお釣りのもらい方は、中学入試算数でもよく取り上げられるテーマだが、おつりが硬貨1枚や2枚となる金額を調べあげるのは、ありそうでなかった面白い出題だという。

「ベストトラップ賞」には、桜蔭中学校の問題が選ばれた。後半部分(円柱と円錐の積み重ね)を取り組みやすくするために、前半部分(立方体の積み重ね)が用意されているが、前半の結果自体を後半に応用しようとすると、最大や最小にならない、という見事なひっかけがある。

このほか、「トレンデイー賞」に東大寺学園中学校、「試行錯誤賞」に栄光学園中学校、などの問題が選出された。

同社は2020年から、「中学入試算数 良問大賞」を独自に発表しているが、同賞は同社独自の選出によるもので、各学校と一切の関係はなく、金銭的な対価の発生も一切ない。

関連URL

「中学入試算数 良問大賞2022」

ワンダーラボ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス