1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ワンダーラボ、小学館から2.5億円の資金を調達し教材開発などを加速

2020年7月30日

ワンダーラボ、小学館から2.5億円の資金を調達し教材開発などを加速

ワンダーラボは29日、小学館を引受先とした2.5億円の第3者割当増資による資金調達を実施すると発表した。

今回調達する資金は、主にプロダクトの開発体制の整備や人材採用、プロモーションに投資し、成長を加速させていく。

また、同社と小学館は、子ども向け教材の監修やイベントの共催などの取り組みを続けており、今回の資金調達を機に、協業体制をさらに強化していく。

ワンダーラボは、2014年創業の教育テック(EdTech)分野のスタートアップ。子どもたちが本来持っている「知的なワクワク」を引き出すためのコンテンツを開発・運営している。

2017年にリリースした思考力育成アプリ「シンクシンク」は、日本e-Learning大賞Edtech特別賞受賞、海外でGoogle Play Awards 2017/2019 TOP5選出など、国内外で高い評価を得ている。

今年2月、社名を「花まるラボ」からワンダーラボに変更し、STEAM教育領域の新しい通信教育「ワンダーボックス」を発表した。

関連URL

ワンダーラボ

「シンクシンク」

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス