1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ワンダーラボ、小学館から2.5億円の資金を調達し教材開発などを加速

2020年7月30日

ワンダーラボ、小学館から2.5億円の資金を調達し教材開発などを加速

ワンダーラボは29日、小学館を引受先とした2.5億円の第3者割当増資による資金調達を実施すると発表した。

今回調達する資金は、主にプロダクトの開発体制の整備や人材採用、プロモーションに投資し、成長を加速させていく。

また、同社と小学館は、子ども向け教材の監修やイベントの共催などの取り組みを続けており、今回の資金調達を機に、協業体制をさらに強化していく。

ワンダーラボは、2014年創業の教育テック(EdTech)分野のスタートアップ。子どもたちが本来持っている「知的なワクワク」を引き出すためのコンテンツを開発・運営している。

2017年にリリースした思考力育成アプリ「シンクシンク」は、日本e-Learning大賞Edtech特別賞受賞、海外でGoogle Play Awards 2017/2019 TOP5選出など、国内外で高い評価を得ている。

今年2月、社名を「花まるラボ」からワンダーラボに変更し、STEAM教育領域の新しい通信教育「ワンダーボックス」を発表した。

関連URL

ワンダーラボ

「シンクシンク」

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス