1. トップ
  2. データ・資料
  3. 子どもの習いごとを検討しているママは約90% =ニコ・ワークス調べ=

2022年3月7日

子どもの習いごとを検討しているママは約90% =ニコ・ワークス調べ=

約17万人のマタニティと子育てママ・パパの会員を保有するWeb育児情報メディア「babyco(べビコ)」と、全国の産婦人科やイオンのベビー売り場、KIDS REPUBLIC(キッズリパブリック)に合計22万部の配布をしている「フリーマガジンbabyco」を運営するニコ・ワークスは3日、「0歳からの習いごと選び」の特集をスタートしたと発表した。特集の企画では、会員を対象としたWebアンケートを実施し、子育て世代のニーズや興味関心ごとに合わせて、育児情報を配信している。


それによると、現在、子どもが習いごとをしているユーザーは全体の24%となり、まだ習いごとをしていないユーザーのうち、「お子さんに習いごとをさせてあげたい」と考えているママは87%だった。

子どもに習いごとをさせてあげたいと回答したユーザーにその理由を聞いてみると、最も多かった回答は子どもの自信や自己肯定感につながる「得意なことを増やしてあげたい」だった。次いで「子どもの個性につながる」「体力アップにつながる」「学力につながる」という回答が多い結果となった。

「Q. 習いごとを決めるときに重視する点(3つまで選択可)」を聞いたところ、最も回答数が多いのは「子どものレベルや性格との相性」、次いで「価格」「立地」「講師の質」との結果となった。

「子どものレベルや性格との相性」は、教室の指導の仕方や教材の内容、グループレッスンかマンツーマンレッスンかなどによって異なるが、子どもの個性やレベルに合わせたコミュニケーションやサポート体制なども、習いごとを選ぶ上では重要なポイントになっていると考えられる。

習いごとを決めるときは、どこから情報を入手しているのか。最も多いのは「ネット検索」、次いで「ママ友の口コミ」が多く、リアルな声や意見を重視していることがわかる。

特集では、アンケートで、多くのママから子どもの習いごとに関する悩みやギモンが寄せられたことから、その一部を取り上げ、『子どものやる気やわくわくを引き出す“習いごとの先生のための講座”』も開講している天野ひかりさんに話を聞いている。

【子どもの習いごと関するアンケート調査概要】
期間:2021年11月24日~11月29日
調査対象:babyco会員
調査方法:オンラインbabycoのWEBアンケート
回答数:647名

関連URL

「babyco」

ニコ・ワークス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス