1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 学研プラス、新感覚のロジカル思考パズル「新 面積迷路」発売

2022年3月9日

学研プラス、新感覚のロジカル思考パズル「新 面積迷路」発売

学研プラスは3日、新感覚のロジカル思考パズル「新 面積迷路」を発売した。

面積迷路が、日本発の傑作パズルとして世界で注目を集めている。きっかけは世界的なベストセラー作家のアレックス・ベロス氏が英ガーディアン紙のウェブページで、AREA MAZE(面積迷路の英語名)を紹介したことから。

ルールがシンプルで、専門的な知識は一切必要とせず、やさしい問題から難しい問題まで、さまざまな難易度のパズルを作ることができること――面積迷路こそは、その条件をすべて満たしているパズルだと同氏は絶賛する。

面積迷路は、東京の進学塾エルカミノが、パズル作家の稲葉直貴氏とともに開発した小学校低学年向けのオリジナルパズル教材。必要な知識は、四角形の面積はタテの長さ×ヨコの長さで求められるという公式だけだという。

英語・フランス語・スペイン語・フィンランド語に、韓国・台湾そして中国でも翻訳出版されている。昨年12月にはNintendo Switch版「ひらめきパズル! 面積迷路」がリリースされ、続いて第2弾「ひらめきパズル! 面積迷路 ジーニアス」が3月3日に配信された。

本書は、昨年12月にリリースされた「ひらめきパズル! 面積迷路」新作100問を書籍化したもので、定価は800円(税込)。

詳細

関連URL

学研プラス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス