1. トップ
  2. データ・資料
  3. IPA、ITパスポート試験に小学1年生が合格 最年少合格者の記録

2022年4月18日

IPA、ITパスポート試験に小学1年生が合格 最年少合格者の記録

情報処理推進機構(IPA)は14日、「ITパスポート試験(iパス)」の2022年3月度合格者を発表した。

勤務先別応募者数推移

最年少合格者は7歳の小学1年生で、最年少記録を更新した。これまでの最年少合格者は2020年10月度に合格した8歳(小学3年生)だった。また、iパスを開始した2009年4月から2022年3月までの12歳以下の応募者数は294名、合格者数は61名だった。

iパスは、ITを利活用するすべての社会人・これから社会人となる学生が備えておくべき、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験。企業や組織におけるデジタルトランスフォーメーションへの取組みが進み、あらゆる業種・職種においてITと経営全般に関する総合的知識が不可欠となっている昨今、iパスの応募者数は年々増加している。

2021度の応募者数は前年度比約1.7倍で過去最多の24万4254人、合格者は約1.4倍の11万1241人だった。2009年の開始以来、2022年3月度までの応募者数累計は148万8538人(平均年齢27.7歳)、合格者数は67万455人(平均年齢29.6歳)。

また、2021年度のiパス応募者は、勤務先別ではIT系企業が3万6177人、非IT系企業が12万6416人、学生(大学、専門学校、高校)が6万3268人だった。特に非IT系企業は前年度比212.2%と大幅に増加し、中でも金融・保険業、不動産業は前年度比320.9%と突出した増加となっている。業務別では営業・販売(非IT関連)が前年度比218.6%と増加し、情報システム関連を超える結果となった。

関連URL

ITパスポート試験 合格発表

情報処理推進機構

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス