1. トップ
  2. データ・資料
  3. 「子どもがeスポーツに興味を持ったらどうする?」= ARINA調べ=

2022年4月26日

「子どもがeスポーツに興味を持ったらどうする?」= ARINA調べ=

ARINAは24日、同社が運営する幼児、小学生の保護者向けの教育メディア「おうち教材の森」で、日本全国の中学生以下の子どもを持つ保護者を対象に「子どもがeスポーツに興味を持ったらどうする?」とアンケート調査を実施、その結果を公表した。


「子どもがeスポーツに興味を持ったらどうする?」とアンケート調査した結果、1位は『子供が学びたいなら賛同する』だった。その理由には、自分がしたいことをやらせたい、子供が興味を示さないと学んでも続かない、子供がやりたいと思えばやらせたいが、親が無理強いする必要はないと考えるなどが挙げられた。

2位は、『eスポーツを知らない』3位は『将来的に学ばせたくない』が挙げられた。eスポーツという言葉を初めて聞いた、などという意見から、視力が低下を心配する声、イメージの悪さ、スポーツというくくりでいうならば本当のスポーツをやらせた方がよいなどの意見が挙げられた。

4位以降には、『将来的に学ばせたい』『いまスクールに通っている』など前向きな意見が上がっている。電子機器の扱いが得意になることでスキルアップに繋がりそう、世界中でeスポーツが流行っているから、デザインが良くどのような場面でも使えそうなどが挙げられた。

日本でもeスポーツの認知度が徐々に高まっている。ゲーム=娯楽の延長上という考えも多くあるが、今回のアンケートでは約半数の方が「子供が学びたいなら賛同する」と回答した。世界的にeスポーツ市場は急成長を遂げており、課題は残るもののオリンピック種目への採用も検討されている。習い事として許容するご家庭が増えれば、eスポーツ界でプロゲーマーとして活躍する若者も増え、近い将来、オリンピック選手が誕生も期待される。

調査は3月3日に、200人(10代:3人、20代:49人、30代:79人、40代:50人、50代:15人、60代以上:4人)を対象にインターネット調査により行われた。

関連URL

調査レポート

ARINA

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス