1. トップ
  2. データ・資料
  3. 定期テスト対策で1番効果があったのは? 1位「予習・復習」 =ARINA調べ=

2022年12月28日

定期テスト対策で1番効果があったのは? 1位「予習・復習」 =ARINA調べ=

ARINAは23日、同社が運営する幼児、小学生の保護者向けの教育メディア「おうち教材の森」で、日本全国の高校生以下の子どもを持つ保護者を対象に「定期テスト対策で1番効果があったのは?」のアンケート調査を実施し、その結果を発表した。


調査結果で1位となったのは『予習・復習』だった。アンケートには「家で復習するのがしっかりと思い出せるのでよかった」「小学生ですが、毎日、リビングのテーブルで予習させています。時間を決め、隣について勉強をすることで今のところは問題ないみたいです」「予習と復習で繰り返すことは役立つと考えます」などの声が寄せられた。

2位は授業をちゃんと聞く。「教師の話をよく聞き理解できれば、後は問題をこなしていけばいい」「授業で理解が出来ていると家で復習しても時間かからない」「授業が勉強の始まりだから。最初から聞かないのはその勉強をしていないのと同じことになる」。3位は授業中ノートをとる。「ノート取らないとほんとにわからなかった」「書く事で覚える」「授業を聞くのは最も大切だが、先生がわざわざ黒板に書く内容はテストに反映されると思うので、先生が口頭で話した内容に加えて黒板に書いた内容もノートに記載するのがベストだと思う」などの声があった。

4位は塾、5位は先生に質問する。6位はその他として『復習のみ』『計画を立てる』『教科書を隅から隅まで何度も読みながらそのままノートに書き、丸暗記』などがあり、7位はYouTube、8位は通信教育という結果になった。

調査は11月14日に日本全国の高校生以下の子どもを持つ保護者200名を対象にインターネットで行われた。

2022年調査レポート

関連URL

ARINA

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス