1. トップ
  2. データ・資料
  3. リスキリングに興味のあるエンジニアは37.8% =「fabcross for エンジニア」調べ=

2022年12月28日

リスキリングに興味のあるエンジニアは37.8% =「fabcross for エンジニア」調べ=

メイテックは26日、「fabcross for エンジニア」が、エンジニアを対象に実施した「エンジニアのリスキリング」に関するアンケート調査の結果を発表した。

企業における取り組みも進む中、製造業系エンジニア498人(機械系:285人、電気・電子系:152人、制御・ソフトウェア系:61人)、素材・化学系エンジニア102人をあわせた600人を対象に、10月12日~11月23日の期間でアンケート調査を行った。


会社主導でリスキリングの取り組みを行っているかは、13.8%が「すでに取り組んでいる」と回答。「これから取り組む予定」は13.0%。「取り組んでいない」が最も多く、48.3%だった。製造業における会社主導でのリスキリングへの取り組みはまだまだ進んでいない。


会社の規模別では、リスキリングに「すでに取り組んでいる」と回答したのは「301~500人」規模の会社が最も多く22.2%。「1001人以上」規模の会社が18.4%で続いた。「50人以下」規模の会社では「すでに取り組んでいる」が5.3%、「これから取り組む予定」も5.3%で、リスキリングに対する取り組みがある会社はあわせて10.6%だった。


リスキリングに対して興味があるかは、「興味がある」(12.8%)、「やや興味がある」(25.0%)計37.8%のエンジニアが、興味を持っている。職種別では、「制御・ソフトウェア系」エンジニアが最も高く、「興味がある」(21.3%)、「やや興味がある」(27.9%)をあわせた49.2%が興味を持っている。

会社主導ではなく、個人でリスキリングの取り組みを行っているか聞いたところ、7.7%が「すでに取り組んでいる」。「これから取り組む予定」は18.8%だった。

その理由は、「新しい技術を習得したい」が64.8%で最多。「自分の市場価値を高めたい」が40.9%、「収入を増やしたい」が36.5%だった。

関連URL

「fabcross for エンジニア」

メイテック

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス