1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 日本ディープラーニング協会、「E資格 (エンジニア) 2018」結果発表

2018年10月15日

日本ディープラーニング協会、「E資格 (エンジニア) 2018」結果発表

日本ディープラーニング協会 (JDLA) は、第1回のエンジニア資格試験となる「JDLA Deep Learning for ENGINEER 2018」(E資格) を9月29日に実施、12日にその結果を発表した。

業種別の申込者数

業種別の申込者数

同協会では、ディープラーニングに関する知識を持ち「事業活用する人材 (ジェネラリスト)」と、「ディープラーニングを実装する人材 (エンジニア)」の育成を目指している。

今回の試験の受験申込者数は342名、受験者数は337名。そのうち合格者は234名で、合格率は69.4%となった。受験者の年齢層は10代から60代にわたるが、最も多いのは30代で全体の38.9%を占めた。

業種では、ソフトウェア業と情報処理・提供サービス業が多く、合わせて55.3%を占めた。そのほか、製造業、サービス業、金融・保険、不動産業、医療福祉、学生など幅広い業種に及んだ。

なお、次回のE資格試験は2019年2月23日の実施を予定している。

関連URL

日本ディープラーニング協会

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス