1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. VISH、マリアこども園の「園支援システム+バスキャッチ」導入事例を公開

2022年5月31日

VISH、マリアこども園の「園支援システム+バスキャッチ」導入事例を公開

VISHは、幼稚園・保育園・認定こども園の園業務負担軽減を支援するICTツール「園支援システム+バスキャッチ」を導入した聖母マリア学園 認定こども園 マリアこども園の導入事例インタビューを公開した。

これまで「連絡帳」は手書きのノート型で、保護者と担任の負担となっていたが、ICT化することで、園全体で共有できるようになり、“保護者と担任のコミュニケーション”が、“保護者と園のコミュニケーション”に変化したという。アンケートもICT化により、担任を介さずに事務室で把握し、その結果を担任に伝えることができるので、担任の負担が軽減。これらにより、園児たちの向き合う時間が確保ができるようになったという。

「園支援システム+バスキャッチ」は、園バス運行情報、園児管理を中心に、保護者の連絡手段のデジタル化、教職員の働き方改革に寄与するクラウドサービス。5月1日時点で、全国で2000以上の幼稚園・保育園・認定こども園で利用されているという。

導入事例インタビュー

関連URL

「園支援システム」

VISH

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス