1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. KIYOラーニング、ユーザ情報を連携する機能「AirCourse API」をリリース

2022年6月22日

KIYOラーニング、ユーザ情報を連携する機能「AirCourse API」をリリース

KIYOラーニングは21日、 同社の社員教育クラウドサービス「AirCourse(エアコース)」と外部のシステムを連携する機能「AirCourse API」を開発・リリースしたと発表した。

同APIを使うことで、AirCourseの各種機能を外部のプログラムから利用することができる。今回の第1弾のリリースでは、ユーザ、組織、グループに関するAPIを公開。同APIは、AirCourseを利用中のユーザなら、誰でも利用できる。

同APIを活用すると、従来AirCourse管理者が手動で実施していたユーザの追加、所属組織の変更などのユーザ情報の変更が、自社システムと連携することで自動化できる。

同APIによる連携を行えば、自社システムの社員データを更新するたびに、AirCourse上のユーザ、組織、グループ情報に自動的に反映され、AirCourse側でのユーザの更新作業が不要になり、管理者の工数を削減できる。

同APIで、自社システムとAirCourseを連携しておけば、社員が入社・異動した際にAirCourseでは更新を忘れている、などのデータの更新漏れを防止できる。

AirCourseは、企業向け社員教育eラーニングサービスで、社員教育でニーズの高い動画eラーニングコース484コースが受け放題のほか、簡単に自社の研修動画、マニュアル動画などを共有・配信できる。

初期費用0円で運用でき、スマホ・PC・タブレットなどマルチデバイスに対応。eラーニングだけでなく、集合研修の管理や受講状況・成績レポートなどの管理機能も充実しているという。

関連URL

「AirCourse API」

「AirCourse」

KIYOラーニング

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス