1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 社員教育クラウドサービス「AirCourse」、新機能「学習パス」をリリース

2022年5月11日

社員教育クラウドサービス「AirCourse」、新機能「学習パス」をリリース

KIYOラーニングは10日、同社の企業向け社員教育クラウドサービス「AirCourse(エアコース)」に、複数のeラーニングコースをまとめた「学習パス」を作成できる新機能を開発・リリースしたと発表した。

AirCourseはこれまで、受け放題の動画研修コンテンツ「標準コース」を450コース以上リリースしてきたが、今回、目的別やテーマ別など、複数のコースをグルーピングして管理できる「学習パス」機能を開発。

同機能は、複数のコースを組み合わせた学習パスを作成し、受講者に割り当てることができる。従来のように1コースずつ受講者にコースを割り当てる手間が省け、管理者業務の効率化(工数削減)にもつながる。

学習パスを割り当てられた受講者は、学習パス内のコースを順番に受講するため、次に受けるコースを一覧から探す必要がなくなる。

また、どの順番でコースを受けるとその知識・スキルが身に付くのかが分かりやすくなるとともに「次にどのコースを受講すればよいのか分からない」という悩みも解消される。

目的・テーマ別に複数の学習パスを用意すれば、体系的な教育プログラムを構築することができる。各コースの受講する順番を設定することもでき、教育効果の向上も期待できる。

また、学習パスには同社が作成した受け放題動画研修の標準コースだけ構成する「標準学習パス」と、各企業が作成したオリジナルコースや標準コースを自由に組み合わせて作成する「オリジナル学習パス」の2種類がある。

標準学習パスは、受け放題の動画研修コンテンツ「標準コース」を、特定のテーマごとにまとめたもの。

一方、オリジナル学習パスは、標準コースや各企業が作成したオリジナルコースを自由に組み合わせて作成したもの。

「AirCourse」は、社員教育でニーズの高い動画eラーニングコース484コースが受け放題のほか、簡単に自社の研修動画、マニュアル動画などを共有・配信できる。初期費用0円で運用でき、スマホ・PC・タブレットなどマルチデバイスに対応。

関連URL

「AirCourse」

KIYOラーニング

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス